トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    オンラインで中古車を一括査定できるサイトの中には、自分の名前を記載せずに査定を受け付けてくれる場合もあります。

    査定をお願いしても結果が分からないのでは駄目なので、電話やメールは記載しなければなりませんが、やたらと個人の名前や住所は明かしたくない人には打ってつけでしょう。

    メールアドレスや電話番号すら明かさずに相場金額を見たい時には、メーカーのホームページで所有する車の車種や年式などを入力すると、現在の参考相場が分かる場合があります。

    参考価格が分かると言っても、ザックリしたものでしかありませんから、個々の車の事情を加味したものではないので、あまり参考にはならないことでしょう。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証及び自賠責保険証明書だけであるため、たぶん誰でもすぐ用意可能で、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の複数の証明書類が入り用です。

    引っ越しをしていたり結婚したりして車検証や印鑑証明書などの姓や住所が表記と異なる際には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、個人情報はなるべく公開したくないというときには名前を記載せずに利用できるサイトで一括査定すれば良いのです。

    しかしながら、無料査定までしか匿名では実施することができません。

    査定スタッフに現実的に査定を依頼する場合や、車を手放すときには、個人情報を公開しなければなりません。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、契約を交わした相手の個人情報を記載しておく義務が発生するからです。

    まだローンの残っている車を売る際は、まずは売却前に完済を求められるでしょう。

    ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。

    残っていたローンを車を売却する以前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、もし不可能なら売却額をもって自動車ローンの残額の支払いに充当するという方法をとれば大丈夫です。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、いくつかの手続きを踏まなければいけません。

    乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

    一口に査定といってもやり方は基本的には2つしかありません。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    もっとも手軽で普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも安めの価格になってしまうという欠点があります。

    一方、買取専門業者に査定を依頼すると、少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで車に関する履歴(修復、事故)は一目瞭然です。

    事実を隠すという行動は査定担当者に不信感を持たせますし、契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

    それに事故歴や修復歴を偽るのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    それに契約書をよく読んでいくと虚偽申告に関連した記載がかならずあるものです。

    中古自動車を売る場合には、業者に買い取ってもらうのが一般的ですが、個人売買という方法も存在します。

    売り手と買い手の間に業者が介入しない分、双方が得するように売ったり買ったりできるのです。

    しかしながら、契約書などの手続きを全て個人で行うことになるのでとても面倒ですし、金銭トラブルに発展する可能性が少々高くなります。

    支払い方法に関しては、分割払いを避けるようにするとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、タイヤの溝が磨り減っていたら減点されます。

    しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えてもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、タイヤを新品に変えても意味がありません。

    但し、ノーマルタイヤではなくてスタッドレスタイヤを付けている際には、実際の見積もりに出す前にスタッドレスではなくてノーマルタイヤに戻した方が良いでしょう。

    スタッドレスタイヤは時期や季節によって需要の有る無しがハッキリしているために、査定額が下がってしまう原因になるのです。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、「車検」によって中古車見積もりの価格が少々変動することがあるのです。

    当たり前かも知れませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

    かといって、車検が一年も残っていない状態では査定金額にはほとんど影響しないと言えます。

    車検期間が短いと査定アップしないからといって、車を手放す前に車検を通すようなことはしない方が良いでしょう。

    車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、車検を通すために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがその理由です。