トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    中古車の査定を業者に依頼する際に必要になってくる書類には何があるかというと、自賠責保険証明書、および車検証の2種類のみなので、きっとすぐに取り出せるところにあるでしょうし、あちらこちら書類を集めたりする手間は掛からないと言えます。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、印鑑証明書や自動車税納税証明書などの複数の証明書類が入り用です。

    最近、結婚したり転居したりして住所や姓が変更していて、書類の内容が正しく訂正されていない場合には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

    高い値段で中古車売買するコツは、一軒だけの見積もりで納得してしまわずにたくさんの買取業者から査定金額を提示してもらうことです。

    ほかの会社が出した査定額を提示することで見積金額がアップすることは良くあることです。

    沢山の店舗にいっぺんに見積もりを依頼するには中古車一括査定サイトを活用すると便利ですが、この際にやたらと高い金額を表示してくる会社は詐欺まがいのことをされるかもしれませんのでじゅうぶんに気を付けなければいけません。

    買取業者などが中古車の査定をする場合に持っていなければならない国家資格はありませんが、中古自動車査定士という国が後押ししている民間資格が存在します。

    この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、小型車、それから大型車に分かれているのです。

    技能および学科試験をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと資格取得が叶わないので、この中古自動車査定士の資格所持者は、すなわち一定レベル以上のスキルがあるということを証明してくれるはずです。

    10万キロ以上走った車というのは、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、中古車買取業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そのような場合は一般的な中古車買取り業者は避け、走行距離数の多い車を専門に扱う業者や事故車を取り扱っている会社に最初から依頼した方が良いです。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしてはそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    修理しようもない状態になった車は全損扱いになりますが、一口に全損といっても2種類に大別できます。

    修理しても車としての機能を取り戻せない物理的全損がまず挙げられますが、2つ目は保険の支払額で修理費をカバーしきれない経済的全損でしょう。

    事故などの際、車両保険から支払われる額は、常に変動する市場評価額に則って算出されます。

    国内の自動車保険各社のほとんどは日本自動車査定協会が出している市場データの冊子を参照して適正な金額を算定します。

    市場価格と保険会社が提示した金額に差があるなど疑問を感じた際は、実際例を示して交渉してみるのもありです。

    自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中古車取引の不満やトラブルの報告があがってきます。

    近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増え続け、減ることがありません。

    内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

    泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、契約のトラブル等を専門に受け付けるホットラインなどで相談してみるようにしましょう。

    車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検の残り期間が数ヶ月となるともはやプラス査定の材料にはならなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに車を手放す直前に車検を通しておくことは無意味といって良いでしょう。

    2年間近く車検の有効期限が残っているような車でも、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。

    一般的に決算時期やボーナス時期には業者も買取に力を入れてくるので、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    車を買いたいと考える人が多くなる時期には需要と同時に買取の相場も上がるのです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期がこれらの時期とかけ離れているときには、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。

    売却の時期が遅れれば車の年式はそれに連れて進んでいきます。

    買取相場が高くなる恩恵を受けるよりも、年式が進むことによる価格下落幅の方が大きくなることだって多いに予想できるのです。

    愛車を売却しようとするときには、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、車庫証明を取得する手続きを行う必要があるのです。

    車庫証明の取得に関しては、販売店が代行してくれますが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、自分で手続きに行っても良いと思います。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。