トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    中古車を査定してもらう時には、車体の色も大きく関係してきます。

    白や黒は定番色で、どんな時も需要が安定しているので、多少高めに見積もって貰える場合がほとんどです。

    定番色とは逆の原色に近い赤などのボディーカラーは、好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、定番カラーよりも査定額がマイナスされる傾向が強いと言えるでしょう。

    原色系は嫌われやすいと言っても、車の見積金額は中古車オークションの相場のタイミングによりけりなので、人気のある特定のボディーカラーに幾らか査定金額が高く付くこともあるでしょう。

    中古車を査定してもらうときに、ちょっとでも高値で査定してもらいたい場合、今すぐにでも売却したいという思いを強くアピールすることです。

    取り敢えずの査定なんだけどという車を実際に手放すのは先になるだろうという相手よりも、話が決まれば直ぐに売却可能ですという相手の方が営業マンにとっても有り難いことでしょう。

    直ぐに売る意志がある人だと分かったならば、他社に取られる前にうちで取り引きしてもらおうと査定額をアップしてくれる可能性が高くなります。

    ちょっとでも安価に買い取り、ちょっとでも高価に売るのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    買取販売店の従業員のセールストークをハナからすべて信用してしまうと、本当ならもっと高く売れたはずなのに損する場合だって考えられます。

    自分の車の現時点での相応しい査定金額が何円相当かしっかりと調査しておいて、事前調査の価格よりも低く提示された場合に値段の駆け引きをする準備をしておくと営業マンのセールストークを鵜呑みにしなくても良くなります。

    天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、ボディのキズが見えにくいので本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。

    それに晴れだってメリットがないわけではありません。

    洗車済みの車は天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    ちょっとした自然条件の違いではありますが、それぞれ一長一短ですから、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、あとに残された選択肢は多くはありません。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、過走行車や事故車など廃車手前の車を扱っている専門業者に売却するといったところでしょう。

    業者はそういった車を中古車市場に流すことはせず、使えるところは分解してでも使うというやり方で利益を得ています。

    そんな業態だからこそゼロ円査定されてしまった車でも値段をつけてくれるのです。

    そのほか、廃車にする手続きも代行してくれるので、迷ったらこうした業者を利用すると良いでしょう。

    車を売りたいので価値が知りたいという人は多いでしょう。

    その際、プロの査定を受けるやり方は簡単に分けると2種類です。

    多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

    車を購入するのと同時に行うので手間がかからない上、代車を手配する必要もないという気楽さが魅力ですが、悪い言い方をすれば「足元を見られる」ので、中古車買取業者の査定より買値は安くなりがちです。

    そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

    複数の会社が競いあうことになり、買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    自分ではきちんと注意していたとしても、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。

    愛車の売却時に散見される事案として、契約成立後になってはじめて問題に気付きましたといわれて実際の買取金額を下げるケースがあるので注意した方が良いでしょう。

    後から問題点に気付いたと言われた場合、事故歴の隠蔽などがあったのならば悪いのは売り手側です。

    そのようなことがないケースでは、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

    所有者が個人だった自動車であり、通勤専用車であれば所得税はかかりません。

    通勤以外でレジャーなどに行くときにも乗っていたのならば、課税対象になり、所得税の支払いをするようになるかも知れません。

    車を売却した金額の方が、購入した金額よりも50万円以上高くなったときには所得税の課税対象です。

    個人事業主として業務で使っている車は売却時のルールが別にありますから、わからないときには確定申告をするときに税理士などに質問して後からトラブルにならないようにすべきでしょう。

    中古車の売却をするうえで、車検の残り期間が沢山ある場合には、見積もりの際に金額がアップすることが多いです。

    しかしながら有効期間が1年以下になってくると評価も下がっていき、車検の残り期間が数ヶ月となると見積金額アップは望めなくなります。

    でも、査定金額の上乗せを期待して売却前に車検を通すことはあまり意味がありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。