トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    できるだけ多くの買取業者に見積もりを依頼してから売却先の業者を決定するのが、高く車を売却するコツです。

    同じ時刻に何社かの査定士に見てもらって、価格競争をさせるというのも有効でしょう。

    価格競争させるのはマナー違反ではなくて結構良くあることですから、特に気にすることはないでしょう。

    それと、実際に契約する段階になった時には売買契約書の全文をしっかりと把握してから契約することも必要です。

    スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店では通常のユーザー向けの中古車査定アプリを考案してリリースしていますが、業界人に向けてリリースされた査定支援アプリもあるんです。

    これは、実際の査定業務経験があまりなくてもなるべく査定しやすくなるように開発されたアプリです。

    専用機器とこの業務用アプリを同時に使うことで、査定しようとしている車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを分かる機能がついているケースが多いです。

    買取業者に見積もりを出してもらうときに入り用になる書類は、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、とくに前もって準備するほどのことはありませんね。

    売買契約を結ぶときには車の名義変更が必要になってくるので、印鑑証明書や自動車税納税証明書などのいくつかの書類が必要になるのです。

    引っ越しをしていたり結婚したりして姓や住所の変更があり、印鑑証明書や車検証の内容と違う表記になっているケースでは記載内容の変更のためにさらに必要な書類が増えますから、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。

    車の売却査定を依頼する際は取り立てて用意しなければいけない書類などはありません。

    ただ、価格交渉を終えて実際に売買契約するとなれば、最新の納税証明、車検証、自賠責保険証といった複数の書類を求められるでしょう。

    売却するのが普通乗用車なら実印と印鑑証明書が不可欠ですし、苗字が結婚などの理由で変わっている時や、転居で住所地の確認が必要なときは必要に応じて提出書類が増えるので手間がかかります。

    中古車屋に売ると決めたらあらかじめ書類を揃えておくと、売却手続きに要する時間を減らすことができます。

    曇天の日や雨が降っているときなどは、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、減点されにくいと言われています。

    ただ、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    また、よく手入れされた車両というのは晴れた自然光の下では断然見栄えがします。

    お天気次第で一長一短ですから、いまさら査定日と天気を関連付けて考える必要はあまりないでしょう。

    プロが見れば素人がいくら頑張ったところで買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    事実を隠すという行動は査定担当者に不信感を持たせますし、その後の交渉にすら支障をきたすでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、内容次第では減額や返還請求といったペナルティが課されることになります。

    それに契約書をよく読んでいくとこの件に触れた文章があるはずで、言い逃れはできません。

    車を手放す際に、車検の残り期間がほぼそのまま残った状態では、査定金額に上乗せされることが多いでしょう。

    そうは言っても残り期間が1年以下だと評価は少なくなっていき、車検有効期間が数ヶ月しか残っていないと見積金額アップは望めなくなります。

    しかし、中古車査定額を高くしたいがゆえに自動車を売る前に車検をすることは有益ではありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、車検費用以上に査定金額を上乗せしてくれることはないからです。

    買取業者からの電話攻勢がすさまじくて辟易することもあるかも知れませんが、何店かの買取業者から見積もりを取るのは幾らかでも高く自動車を売りたいと考えているならやった方が良いでしょう。

    査定額の相場がわからないと価格交渉すらできずませんし、沢山の買取業者から見積もりを集めるのが相場を知る一番の近道だからです。

    今すぐに売却を希望されればお得ですよ、などの営業トークに半分騙されて即決してしまうのはいささか早急です。

    車売却のような大きな契約は先ず焦らないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。

    充分な心構えを持っていたとしても、予期せぬいざこざに巻き込まれてしまう場合があるでしょう。

    車を売るときにたまに見かけるケースとしては、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する時があるので要注意です。

    売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。

    でも、隠し事をしていたりしないのであれば、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、売り手側に責任がないのですから承服しなくても良いのです。