トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    売却予定の車を査定に出したときに、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    たくさんの会社で査定してもらったとしても同じように買取額はつかないと言われたときにも、廃車を専門とする買取業者に引き取ってもらう方法もあるので、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    故障や事故で修理をした車の履歴は、たとえ嘘をついて査定してもらっても査定士には瞬時にそれと分かってしまいます。

    軽微な損傷であって、適切な処理が施されているならば通常の修理車と同様に考えないときもあるので、隠さずに素直に申告した方が良いでしょう。

    万が一沢山の業者で査定しても同様に0円査定と言われてしまったときには、事故および故障車専門の買取会社にて相談するといいですね。

    車買取の査定をするときに、例えば、カーナビなどの付属品があるとプラス査定になることが多いです。

    でも、新型の車にはもはやカーナビゲーションシステムは標準装備なので、新型のカーナビシステムを搭載していない場合にはグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

    そして、同じ理由によってもしも、カーナビがない場合には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。

    簡単にいえば、契約書をよく読むことです。

    契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

    契約書はあらかじめ合意に達した内容通りに作成されているのか、そして金額に関する文言はかなり注意して読まなければいけません。

    大まかな文章だけでなく細かい補足条件なども目を通してからそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

    急かす業者は論外です。

    消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した不満やトラブルの報告があがってきます。

    特に中古車売却についての事案は増え続け、減ることがありません。

    一例を挙げると、買取一括査定サイトを通じて依頼したら夜間や仕事中にも電話がくる、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。

    一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、消費問題に詳しいプロなどに話してみるようにしましょう。

    マイカーを売却する際は現物を見て査定してもらう必要があります。

    査定の形式は、中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

    比較的なじみ深いのは、自動車の購入と処分を同じディーラーで行ういわゆる「下取り査定」です。

    一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、車での移動が日常的な人からすると代車不要な点は嬉しい限りです。

    しかし、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも安めの価格になってしまうという欠点があります。

    そして2つ目は一括見積りサイトなどを使って複数の買取業者に査定を依頼するやり方です。

    一度に複数の業者が査定に参加するため、結果的に買取価格がディーラーより上がるのが普通です。

    自動車に掛かる税金の話をすると、毎年の4月1日に車を所有している人に対して1年分の請求があるのです。

    一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。

    ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

    そうは言っても、税金の支払い月数が残っている分だけプラス査定してくれるケースもあるのです。

    自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。

    全部を自分自身で手続き可能な予備知識と時間さえあったなら、個人売買で自動車を売る方法が一番高値で売れる方法と言って良いでしょう。

    一般人同士が車の売買をするときにトラブルを引き起こしやすいのが車の名義変更と支払いに関する事項です。

    名義変更に関しては、両方で話し合った期限までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    料金の支払いに関しては、初回だけ払ってそれ以降は逃げられてしまうことがないとも限りませんので、現金一括払いのみで対応すると余計な金銭トラブルは起きないでしょう。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、ディーラーに引き取ってもらうこと、個人でオークションに自動車を出品して売る方法もあります。

    オークションをするときには、売却予定車の写真や状態を説明する文章などを他の人が読んだときになるべく理解しやすく記載することが後々トラブルが起こらないようにするためには重要なことです。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    その他の大切だと思ったことは念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。