トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    程度にもよるので一概にはいえませんが、車の中がヤニ臭いときには中古車査定時に減額される事になるでしょう。

    過去に喫煙したであろう車は、煙草を吸う習慣のない人には買ってもらうことが大変難しいからです。

    これらのたばこ臭さの元凶になっているのは、車中のどこかに付いているヤニ汚れです。

    買い取りに出す前に徹底的に車内をキレイにすることで、かなりの部分でタバコ臭を軽減できるはずです。

    買取業者から提示された査定金額に納得できなかったとき、売却を断っても構いません。

    多くの業者に見積もってもらってなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して実際に売る方が良いといえるでしょう。

    その一方で、現実的に契約を結んでからの売却をキャンセルすることは難しいか、たとえキャンセルできたとしても損害賠償金が発生する可能性があるのです。

    損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、なるべく契約書の全文をきちんと納得するまで読む習慣をつけておきましょう。

    一般的に、中古車買取店の大手チェーンなどでは、いつも様々なキャンペーンを展開しているといっても良いでしょう。

    景品などの恩恵は中古車売買時にプレゼントされることが可能ですが、ただで車の見積もりを行うだけで貰えるキャンペーンもあるのです。

    詳細は、ある決まったホームページから無料の中古車査定を実施するとポイントがたまるなどのケースがあります。

    無料査定だけを実施して買取自体は行わなくても構わないので、無料査定するだけでプレゼントが貰えるキャンペーンがあったら自分も実施してみると、ポイントがたまって相場も分かって2倍お得ですね。

    年式を問わず車体の外装のキズ、へこみ、塗装剥がれ(浮き)は、中古車買取業者の査定士によってしっかり確認されます。

    見た目にわかるキズは減額要因になるものの、洗車時に間近にじっくり見ないとわからないレベルの傷は「少しありますね」と言われるかもしれませんが、実際に査定額に響くことはないようです。

    また、事前に修理したほうが良いのではと思う方も多いようですが、修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性は極めて少数でしょう。

    修理費には業者価格と個人価格があり、個人では高くついてしまうからです。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、いわゆる過走行車という扱いになり、中古車買取業者に査定に来てもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    車は命を預ける乗り物ですから、安全性を考慮して過走行車や事故車は敬遠されるのが普通です。

    このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

    事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている業者に相談するという手があります。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしては「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    いつでもどこでもアクセスできるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    いくつかの業者の見積りを短い時間で確認できるため、高値の業者をすぐ見つけることができます。

    とはいえ短所もないとは言い切れません。

    ネットだからと時間を気にせず査定依頼の登録をすると、夜間受付や24時間OKという業者から夜中にもかかわらず営業電話が殺到することがあるからです。

    仕事時間にかかってきて困るという人もいますし、家の電話や仕事先の電話は登録しないほうが無難です。

    これから車を中古車として売るならやるべきことというと、机上調査と実地チェックがあげられます。

    つまり、最初にしておきたいのは車の一括査定サイトなどを使った相場チェックです。

    相場に関する知識もないまま取引すると、もっと高値で売れたのにとあとから後悔することもないわけではありません。

    次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。

    ボディは埃を落とす程度に洗車してあればOKですが、車内は今までにないほど丁寧に掃除しておきたいです。

    内装に付着しているニオイのもとをとっておかないと、マイナス査定の原因になります。

    中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、溝の残りが少なければ当然マイナスに査定されることになります。

    そうは言っても、売却が決まったときに新品のタイヤに履き替えてもタイヤ購入の費用以上に加点されることはありませんから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。

    でも、履いているタイヤがスタッドレスならば、じっさいに見積もりを出してもらう前に一般のタイヤに履き替えた方が賢い選択です。

    スタッドレスタイヤは冬場や雪の多い地域にしか需要はないため、マイナス査定になることが多いのです。

    丁寧に磨いて複数の会社に査定を依頼してもほとんどゼロ円査定のような状態になってしまったときは、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    それにもし廃車にするとしても、自ら解体業者に持ち込み陸運局で手続きするのに比べたら、専門業者にお任せにしてしまうほうがずっとラクです。

    そうした業者の取り柄というと、依頼者に代わって厄介な廃車手続きを済ませてくれる上、基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。