トップページ

    このサイトではハイラックスの買取相場が分かるおすすめの車買取業者を紹介しています。
    「ハイラックスの買取相場をリサーチして高い金額で買取をしてくれる買取業者に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているオススメの車買取店をチェックしてみてください。

    トヨタのハイラックスを高く買い取ってもらうために外せないのが「何社かの車買取業者に査定をしてもらう」ということです。
    1つの買取業者のみとかなじみのトヨタのディーラーで下取りを依頼しようと考えているなら確実に損をするのでやめておきましょう。

    車一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較できるので、ハイラックス(Hilux)の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーセンサー

     カーセンサーは、大手企業のリクルートが運営する中古車高額買取のための一括査定サービス。中古車情報ならカーセンサーといわれるくらい知名度が高いので利用するのも安心です。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的な加盟数!最大50社までハイラックスの買取査定をすることが可能。

    中古車の一括サービスは利用するといつくかの車買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    当然ですが、全国対応で利用は無料。

    「ハイラックスを高く売却したいから買取相場がいくらか知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで査定額を教えてくれるカーセンサーがオススメです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、入力完了と同時にあなたが今乗っているハイラックスの買取相場が分かる上に、個人情報が送信されないので、電話連絡はユーカーパックからの電話1本のみという業界では新しいサービス。

    約2000社の車買取業者がオークション方式で入札価格を提示するので、トヨタのハイラックスを高額買取してくれる車買取業者が見つかります。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込みをすると多くの業者から電話連絡が入るのがお決まりだったのですが、ユーカーパックを使った場合は電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応に時間を取られることもないですし、強引なセールスを心配しなくて大丈夫です。
    ハイラックスの実車査定もガソリンスタンドか自宅で1度だけ。

    電話連絡も査定も一度だけで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという今注目を集めているサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、現在の年間利用者数が№1の車買取一括サービス。わずか45秒もあれば入力ができますし、入力が終わったらすぐに中古車の概算買取相場が表示されるので、「簡単に今自分が乗っているハイラックスの階といr相場が知りたい」と感じているならおすすめです。

    査定依頼後は複数の業者から電話連絡がありますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通っている優良企業のみと提携しているので、しつこい営業を受けることはありません。
    買取業者から電話がかかってきたら1社で決めてしまうことはせずに、複数の買取業者に査定依頼をすることで数年落ちのハイラックスでも高額買取が実現します。

    最大で10社がトヨタ・ハイラックスの見積もり査定をしてくれるため、最高の買取価格を出してくれた会社にあなたのハイラックスを売りましょう。






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、たった45秒を使って入力すれば中古車の査定相場が分かる人気の車一括査定サイト。
    提携業者も約220社と多く、最大で10社の業者があなたのハイラックスを査定してくれます。

    いくつもの車買取業者に査定の依頼を申し込むことで実際の査定額の差を比較することができるので、複数の買取業者に査定依頼をして長年愛用したハイラックスを少しでも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、サポート体制も充実していますので安心して査定依頼をすることができます。






    楽天オート

     楽天オートは、そのサービス名でわかるように楽天株式会社が運営している車買取一括査定サービス。
    トヨタ・ハイラックスの買取依頼申し込みをするだけで楽天5ポイント、買取が成立すればさらに1500ポイントがプレゼントされるので楽天ユーザーには嬉しいサービスになっています。

    長年愛用してきたハイラックスを高く売って、その上楽天ポイントまでもらえるのはありがたいですよね。
    提携企業は約100社なので他のサービスと比べると少なめですが、最大で約10社があなたのハイラックスの査定見積を出してくれます。

    公式サイトではデーラーで下取りする場合と一括査定の場合の価格がいくつか提示されていますので、一度チェックしてみてください。







    買取業者との間で車の売却の時に発生するかもしれないトラブルには幾つか存在しますが、中にはとても酷いケースもあります。

    査定額に納得して車を手放した後から、更にチェックしたところ不備が出てきたなどと実際の買取金額をグッと低下させられる場合も少なからずあります。

    もっと酷いケースになると、中古車だけ取られてお金が入ってこない場合もあるのです。

    このような悪質な業者に出会ったときには、あわてずに消費者生活センターや警察などに相談してみることをオススメします。

    通常、大多数の中古車の買取専門店では、車を査定するために要する時間というのはただ待っているだけの時間を除くと10分少々です。

    なぜかというと、査定する時点での車種ごとの中古車オークション相場などを参考にしてあらかじめ基本となる査定金額が決定されていて、ベースになる査定額から車のパーツの状態、それに走行距離などを目視して、それらの状態に応じた減額や加算をすると最終的な価格を決定することが可能だからです。

    買い取りする車を査定する時に、走行距離数は大変大きく査定額に影響します。

    基本的には、その車の走行距離が長くなるにつれて徐々に査定額がダウンしていくことになります。

    5万kmを越えた車は多走行車という名称があり、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万kmより多い車は過走行車という名称で呼ばれ、査定金額がつかない場合も多いです。

    高級車のイメージがある輸入車ですが、国産車よりも中古で売却するときの価格が安く、損であるように言われています。

    外車は日本での普及台数が二大国産メーカーのそれと比べても極めて少なく、需要も読みにくいところがあり、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

    しかし高値がつかないからと諦めるのは早計です。

    少しでも高く売るためには、出来る限り多くの買取店に査定してもらい、最高値をつけた業者と交渉することです。

    一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うとわずかな手間で一気に多数の見積りを入手できます。

    中古車売却のための一括見積りサイトが存在するように、複数の保険会社に一括して見積もりを依頼するサイトがあるのはご存知でしょうか。

    普通の生命保険とは異なり車の保険というのは共済と同じように掛け捨てタイプなので、続けるほど得というものではありません。

    ということは、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところに早々に乗り換えてしまうほうがユーザーには利があるということになるわけです。

    生命保険一括見積りサイトの自動車保険版といえばわかりやすいかもしれませんが、無料で利用でき、何社かに自分で個別に資料請求するのとは違い、簡単に同業各社の保険を分りやすく比較できるため、検討にはもってこいです。

    複数の中古車屋からゼロ円査定されてしまったとなると、次の選択肢は2つしかありません。

    廃車にするまで乗り続けるか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るわけではなく、パーツ分けして修理屋に売却するなどして利益を得ています。

    ですから、よそで引き取ってもらえないような車でもそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    大事に乗ってきた車ですから値段がつけば嬉しいものです。

    また、ほとんどの業者は廃車手続き代行も行っています。

    じっさいに見積もりを出してもらって得た査定額は、ずっと有効なわけではないのです。

    中古車の相場価格は流動的なものですから、期限付きで査定金額の補償をしてくれる買取店が一般的です。

    車の査定額を見せられたときに売るかどうか判断に迷う場合には示された見積金額がいつまで有効なのか事前に必ず聞いておくべきです。

    いつまで有効かについては相談して伸ばすこともできるでしょうが、保証期間はあまり長くできないのが普通です。

    たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。

    じっさいに利用可能なバスや電車などが自宅の周りに多く存在し、車を持っていなくてもそれ程困難を感じないのならば車を売ってしまうことで家計はかなり節約できるでしょう。

    車を維持するためにかかる費用の内容としては、自動車税や自動車保険料、車検や定期検査の代金、別に借りている場合には駐車場代などがあります。

    以上の合計を鑑みると、年間で何十万円も支払っている場合だって大いにあり得るのですから維持費は大変です。

    車に関する税金の話をしましょう。

    自動車税というものは、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。

    そうは言っても、車を売ろうとする場合には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、勿体ないと感じることはありません。

    但し、自動車税ではなく自動車重量税については、廃車にする場合を除くと手元に残りの月数分が還付されるような制度はないのです。

    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

    査定スタッフと交渉するとお得に売却できる可能性がアップします。